新卒就活.net > 面接対策 > 面接での緊張はどう抑えるべきか?

面接での緊張はどう抑えるべきか?


面接で緊張しない方法

就職活動をしている学生にとって、就職面接は初めての経験ですよね。

「緊張しすぎて声や手が震えてしまった」
「隣の人に、考えてきたことを先に言われてしまい頭がパニックになった」

いつも通りに話せなかったりオドオドしてしまったなど、面接のときって緊張しちゃいますよね。

面接で緊張しなければ、ラクに就職活動をすることができるのに・・・そう考えたことはありませんか?

就職活動をしている中で面接が1番重要な場面であるので、何度受けたとしても、毎回緊張してしまうものです。

緊張の度合いは人によって違いますよね。

ガチガチになってしてしまったり、額から汗が止まらなくなったり、うまく答えられずに失敗してしまった人もいるのではないでしょうか。

面接は、自分の人生を決める大切な時間だからこそ、プレッシャーが大きくなるものです。

不安や心配があると緊張してしまい、アピールすることができなくなってしまいます。

緊張でうまく自分を表現できないという悔しい思いをしないためにも、面接で緊張しない方法を覚えておきましょう。

面接での緊張は誰もがする事

就職活動が長引いていくと、体力的・精神的に辛くなってきますよね。面接を受けられることになっても、何度も落ちてしまうと落ち込んでしまうもの。

面接で何度も落ちてしまっても、自分を責めないで次にどのようにしていくと良いか、考えていきましょう。

緊張が続いて何度も面接が失敗してしまう場合は、いつまでも落ち込んでいられません。

就職活動をする期間はどんどん過ぎて行くからです。

今すぐしないといけないことは、就活対策や面接対策ですので気持を切り替えて次に役立てるようにしましょう。

緊張は、緊張したくないと思っているときこそ、どうしてか緊張してしまうという歯がゆさがありますよね。

人生を左右する就職活動の面接では、それが歴然と出てきます。

ですが、何度も同じ失敗を繰り返していると先に進むことはできません。

そもそも緊張は、誰にでも起こる現象なのです。

代表的な現象は
・バクバクと心臓が高鳴る
・顔が赤くなる
・汗が止まらなくなる
・手足の震え

などがあります。

また、これも誰もが経験したことがあると思いますが、「緊張よ止まれ!」と念じれば念じるほどドキドキが止まらなくなりますよね。

念じれば念じるほど、緊張してしまう。

緊張→焦ってしまう→さらに緊張→切羽つまってくる→余計緊張というループが出来てしまうのです。

では面接で緊張しなくなるには、どのようなことをするとよいのでしょうか。

気持を緩和させる方法をご紹介します!

1・深呼吸をする

面接の前に心臓がバクバク言ってきたなと思ったら、深呼吸をしましょう。深呼吸をすると、脳に酸素が十分に行き渡り落ち着いてきます。

緊張すると、無意識に息を止めてしまうそうです。脳に新鮮な酸素を送ることで、気持を落ち着かせることができます。

深呼吸のやり方

・5秒くらいかけて、鼻からゆっくりと息を吸う
・10秒くらいかけて、口からゆっくりと息を吐く

ゆっくりと深呼吸をすることで、リラックスした気分になれるので試してみてくださいね。

2・軽く体を動かす

面接前に体を動かす時間なんてない、なんて言わないでくださいね!

面接の待合室ではできないので、少し早目に面接会場に行きトイレなど人に見えない場所で行いましょう。

足を曲げ伸ばししたり、腕や手首をまわしたりする軽くストレッチするだけでも体をほぐすことができます。

3・笑顔になれるようにする

表情は気持の現れと言われているように、心は表情の影響を受けます。

緊張しそうになったり、緊張してしまったら、顔だけでも笑顔を作るようにしましょう。

笑顔はリラックス効果もあり、精神的にもポジティブになれると言われています。

笑顔になるのは難しいという場合は、好きな人や物のことを思い浮かべましょう。

少しでも面接から意識を離し、クスっと笑えることを妄想しただけで自然と笑顔になることができますよ。

4・失敗してもいいんだと開き直る

人は、考えないようにすればするほど考えてしまいます。

「緊張」という言葉や考えに縛られてしまうからだそうです。

「緊張して失敗したらどうしよう」と考えれば考えるほど、あなたの心は「失敗」と「緊張」でいっぱいになってしまうのです。

極度の緊張が押し寄せてきてしまった場合は、どうせなら開き直ってみてもいいのではないでしょうか。

面接の段階まで進めたあなたですから、準備をしっかりとしているはずです。

十分な対策や準備をしてきたんだから、これで落ちてしまったらしょうがない、くらいに思っていると案外気持ちは落ち着いてきますよ。

緊張のループにはまってしまったら、ジタバタしないで落ちてもしょうがないかという気持ちでいましょう。

開き直ってしまうと、意外とうまくいくこともありますよ。

5・面接になれてしまう

何度も緊張を繰り返すことで、慣れてくる場合もあります。

何回も面接を受け続けることで、少しずつ緊張しなくなっていくことが最適ですね。

面接に慣れるためにも、第一志望以外の会社へも積極的に面接を受けてみるのも良いでしょう。

採用されなくても大丈夫という気持で面接を繰り返し受けることで少しずつ慣れましょう。

練習の延長と気持ちを楽にしていると、案外緊張しにくくなります。

面接で緊張しないために、この気持をリラックスする方法を覚えておけば安心できますね。

ですが面接で知っておいてほしいことが、どんなに緊張していても採用にマイナスになることはないということです。

最初でもお話ししましたが、新卒の就職活動は初めてのことだらけなので緊張して当たり前です。

面接官もそのことは重々承知していることです。

失敗しても大丈夫!と開き直り、リラックスして面接に挑みましょう!!

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓