新卒就活.net > 面接対策 > 面接でしていい質問としてはいけない質問

面接でしていい質問としてはいけない質問


質問の時間は自分をアピールできる絶好のチャンス

一通りの質問を受けた後、面接で必ずと言えるほど出てくる、「何か質問はありますか?」という言葉。

実はこの時間は、自分をアピールできる絶好のチャンスなのです!

きちんとした質問を準備しておくことで、面接官の印象をグッと上げることができ、良いイメージを持たれることが期待できますよね。

その分、内定を頂くことができる可能性が多くなるのです。

こんなチャンス、絶対にモノにしたいですね。

逆質問は、あなたの熱意のアピールをするのと、企業の内側を知ることができる機会でもあります。

ですので、積極的に質問をしていくとよいでしょう。

最初に「質問は2つあります」など、数を伝えておくと面接官に答えてもらいやすくなりますよ。

逆質問のポイント

1・事前に何を質問するか準備しておく

面接をしているときに考えればいいや・・・なんて人はいませんか!?

自分は緊張しないから大丈夫、なんて考えは間違っていますよ!

普段と違う面接という独特の雰囲気の中では、誰もが緊張してしまうものです。

成功している人は、面接前のしっかりとした準備があるからこそ。

逆質問は、最低でも5個は準備しておきましょう。

聞きたいと思っていたことが、面接のやりとりでわかることがあるからです。

質問はできるだけ多く準備しておくと、気持にゆとりを持っていられますよ。

2・面接官や面接の内容によって、質問を変える

面接官は、人事担当者・現場責任者・役員や社長など役職や立場がバラバラです。

なので、あなたを見ているポイントや質問の内容は違ってくることが考えられます。

相手の立場によって、あなたを評価するポイントを想定し準備しておきましょう。

3・はい・いいえで答えられる質問はしない

面接官が、はい・いいえで答えられるような質問は、あなたのことを理解してもらう上でも好ましいことではありませんね。

「何を・どのように・実現できないか」ということを伝えられるとよいでしょう。

例えば、「スキルアップのために何が必要か」「自分の特技の○○は□□に役立つと思いますが、入社までに勉強すべきことがあれば教えてもらえますか」など入社後のイメージを考えやすい質問などは相手に好印象をもたれることが多いです。

企業について調べてきたこと・仕事に対して前向きな気持ちを持っていることを、アピールしましょう。

4・年収・福利厚生などの待遇の質問には注意しよう

休日・残業・ボーナス・年収・・・などの待遇面はとても気になりますよね。

知りたい気持はとてもわかりますが、聞き方を間違うと仕事に対する考え方や姿勢を疑われてしまうこともあります。

条件ばかり気にして、仕事のやる気はないのではないか?と勘繰られてしまうかもしれませんからね。

しかし、順番や表現を守ることで質問をすることもできますよ。

まずは、仕事に対するポジティブな質問をしてから待遇面の確認をしましょう。

「残業はありますか」→「繁忙期の残業時間は平均してどれくらいになりますか」

「転勤はありますか」→「転勤ありと記載されていましたが、頻度や転勤先のエリアを教えていただきたいです。」

ネガティブになりがちな質問は、ポジティブに言い換えるようにすると良いです。

5・面接時に時間があれば2個以上質問しよう

逆質問は自分をアピールできる最大のチャンスです。

面接の時間に余裕があるなら、最低でも2つは質問しましょう。

もしも、面接の時間に余裕がなさそうであれば「お時間がよろしければ・・・」と断りを入れると好感をもつことができますね。

質問の内容を入念に準備してきていても、面接当日に緊張して忘れてしまわないように注意しましょうね。

最終面接の場でも、「特にありません」ではなくしっかりと質問をしてみましょう。

大切なのは、内なるヤル気と静かに熱意あるアピールができるかということですよ。

してはいけない質問

何か質問はありますか?と聞かれたからと言って、「何でも聞いてもOK]ということではありません。

今まで印象がよくて採用したいなと思われていても、たった一つの質問が原因で採用を見送られる場合もあります。

では、してはいけない質問とはどんなことがあるでしょうか。

・調べればわかる質問
面接を受ける会社のことを調べずに行くのはNGです。
HPや求人票を見ればわかるような質問は避けましょう。
例)
・取り扱っている商品の名前は何ですか
・取引先にはどのような企業がありますか
・御社の強みは何ですか
・主力商品は何ですか

・返答に困る質問
誰もが答えるのに困ってしまうような質問や面接と関係ない質問は避けましょう。
目的が見えない質問は、悪い印象をあたえてしまいます。
面接はコミュニケーションを取る場所でもあります。
キチンと言葉を選んで話すようにしましょうね。
例)
・社長はどんな車に乗っているのですか
・辞めたいと思ったことはありますか

・仕事よりもプライベートを優先しているような質問
給与・休日・有給休暇・ボーナス・・・など、仕事を決める大切な条件となります。
ですが、面接のときにそのことだけを質問していると「仕事のやる気はあるのかな?」と思われる恐れもあります。
また、求人票などに記載されている情報などを質問してしまっては、何も調べないで面接しているのかな?と印象が悪くなってしまいます。
例)
・年収はどれくらいですか
・月給と待遇を教えてほしい
・福利厚生はどのようなことがありますか
・年間休日は何日ですか

・何もありませんはNG!
面接を受けている企業のことを知るチャンスがある逆質問を、「何もありません」と言ってしまうのはもったいないことです。
会社側からすると、うちの会社に興味がないのかな?と思われてしまうでしょう。
面接を受ける時には、質問を用意しておきましょう。
もしも用意していた質問が面接中に解決してしまったら、「十分にお話を聞くことができたので、特にございません」と伝えるようにしましょう。
この一言があるだけでも、印象は変わってきます。

面接時にしていい質問としてはいけない質問をご紹介してきました。

“何か質問はあるか”というのは面接で必ず聞かれる質問ですが、対策を怠る人が多いのが現状です。

逆質問では、ヤル気を見せ、自分の長所をアピールできる質問を準備しておきましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓