医薬品業界


医薬品業界への就職をお考えの新卒者の方へ

常に需要が高い業界のひとつに医薬品業界があります。

人間が生きていく上で医療は欠かす事のできない存在になりますよね。医療機関に医薬品を卸したり、新薬の開発・研究を行っている医薬品会社も人間にとって欠かす事のできない存在になります。

現在、医薬品業界への就職を考えている新卒者の方も多くいると思います。

常に需要があれば安定して働く事ができます。安定した収入、安定した生活、を企業選びの条件に入れている方も実際に少なくありませんね。

現在、日本には様々な製薬会社や医療メーカーがありますし、外資系の製薬会社も多くありますね。新卒者向けの正社員求人を覗いてみても様々な製薬会社、医療メーカーの求人を見る事ができます。

実際に毎年多くの新卒者が医薬品業界への就職を望んでおり、新卒者を対象にした就職したい企業アンケートでは毎年上位に医薬品業界の企業が入っています。

近年では、ジェネリック医薬品(特許切れ商品と同じ有効成分の医薬品)も注目を集めていたり、ドラッグストアの数が多くなってきたりなど今までとは違った動向になりつつありますが、医薬品業界のお仕事はこの先も常に需要があるお仕事だといえます。

ここでは医薬品業界への就職をお考えの新卒者の方へ医薬品業界のお仕事についてご紹介しています。

医薬品業界と一言でいっても業態は様々

ひとくちに医薬品業界といっても

・新薬メーカー
・OTCメーカー
・医療機器メーカー

など、業態は様々です。

それぞれで扱っている商品も異なってきますし、医薬品業界でのポジションも異なってきますね。

医薬品業界の企業だったらどこでもいいといいうような抽象的な考えではなく、真剣に医薬品業界へ就職したいのであればもっと具体的に考えないといけません。

先ほども述べたようにそれぞれの企業で業態、事業戦略、扱っている商品も異なってきます。自分がなぜその企業で働きたいのかという事を明確にしていれば就活もスムーズに進める事ができますし、志望動機や自己PRも作成しやすくなりますよ。

そして、一つひとつの企業をしっかり研究して自分に合った企業はどこなのかを見極めていきましょう。

医薬品業界の現状

医薬品業界への就職を考えた時、気になるのが医薬品業界の現状ですよね。常に需要があると言われている医薬品業界ですが、他の業界と比べてどうなのかという事もやっぱり気になってきますよね。

平成25年~平成26年までのデータでは、

【市場規模】
・10兆2509億円
【労働者数】
・83642人
【平均年齢】
・41.0歳
【平均勤続年数】
・11.7年
【平均年収】
・710万円

というようなデータがあります。

この数字を見てみると、市場規模も大きいですし、平均年収も高年収を期待する事ができます。平均年収710万円という数字は日本のサラリーマンの平均年収を大きく上回る数字です。

勤続年数も11.7年という事は離職率もそこまで高くなく、長期に渡って働き続ける事ができるという事がわかります。

日本の医薬品業界でトップクラスの実績がある企業は、

・武田薬品工業
・アステラス製薬
・第一三共
・大塚HD
・エーザイ

などの企業になりますね。いずれの企業も代表的な医薬品をいくつも持っており、医薬品業界ではトップクラスの企業だと言われています。どの企業も一度は耳にしたことがある名前ですよね。

医薬品業界の就職ポイント

医薬品業界で自分のやりたい事を明確に!

医薬品業界への就職を考えた時、まず明確にしてもらいたい事は医薬品業界で自分がしたい事です。

上記でも述べましたが、医薬品業界には様々な企業があり、それぞれの企業で業態は異なってきます。ひとつの企業の中にも新薬の開発・研究、治験、臨床、営業、などの職種がありますので、まずは自分がどの職種に就きたいのかを明確にすることがポイントです。

自分が現在、身に付けているスキルを十分に把握した上で自分に合った職種を選んでいきましょう。

企業研究は入念に!

そして、企業研究も怠ってはいけません。就活に企業研究は付きものです。これは医薬品業界だけではなく、全ての就職に必要な事です

自分がエントリーしたい企業の事は入念に調べ、本当に自分が就職したい企業なのか、自分に合っている企業なのか、自分のやりたい事ができる企業なのか、という事を見極めましょう。

企業研究を怠ってしまうと就業後に後悔してしまう可能性が高くなってしまうので事前に起業研究を入念に行って自分に合った企業なのかを見極める事も大切なポイントになりますよ。

他にエントリーしている新卒者と差を付けるためにも!

毎年、多くの新卒者が医薬品業界の企業にエントリーしています。その分、倍率も高く、そう簡単には内定をもらう事はできません。

やはり、他の新卒者と差を付けなければ内定をもらう事はできません。

そのためにもアピールできる事は積極的にアピールして企業側に興味を持ってもらう事が大切になります。

大学でどんな事を専攻してきたのか、どんな事を率先してやってきたのか、どんなインターを経験したのか、その他にもアピールできるものは積極的にアピールしていきましょう。

書類選考で企業側に興味を持ってもらえれば面接に進む事ができ、採用に1歩近づく事ができますよ。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓