新卒就活.net > 新卒者就活サイト キミスカ > キミスカで大量のスカウトを獲得する方法

キミスカで大量のスカウトを獲得する方法


プロフィールでうまく自分の事をアピールする事がポイント

スカウト型就活サイトとして近年、多くの新卒者から注目を集めているキミスカ。

キミスカに登録して企業からのスカウトを待っている新卒者の方も多いですし、キミスカでもらったスカウトで内定を勝ち取っている新卒者の方も多くいます。

キミスカに登録している企業が今までに送ったスカウトの総数は486,434通。(2016年現在)
毎日、多くのスカウトが新卒者に送られているんですね。

自分で企業探しをしなくても自分に合った企業を見つける事ができ、キミスカは就活中の新卒者の頼もしい存在になってくれるツールです。

⇒キミスカ 公式サイトはこちら!

しかし、ただキミスカに登録するだけでは企業からのスカウトを受ける事はできないので注意してくださいね。

企業からスカウトをもらうには魅力的な人間になる事が必須です。

プロフィールでうまく自分の事をアピールして企業側に興味をもってもらわなければ、スカウトをもらう事はできません。

ではどのようなプロフィールを作成すれば企業に興味を持ってもらえるのでしょうか?

まずは自分の強みを見つける

自分の強みを見つける事ができなければスカウトをもらう事はできません。企業側もスカウトを送る時には、自社にとってなにかメリットがある人材にスカウトを送ります。

先ほども述べましたが、プロフィールで自分の強みをしっかり伝え、魅力的な人間になればスカウトももらいやすくなるのでまずは自分の強みを見つける所からスタートしましょう。

学生時代の生活の中からでもいいですし、これまでの経験上の中からでもいいです。自分にはこうした長所がある、こんなことが得意だ、こんな時にやりがいを得る事ができる、などの事を見つけて自分の強みを積極的に企業に伝えていきましょう。

もし、自分1人で自分の強みを見つける事が難しい場合は、親しい友人や家族に自分がどういう人間なのか聞いてみるといいでしょう。

友人や家族は第三者なので客観的に自分がどう見られているのかを知る事ができますよ。自分では気付いていない部分の事に気付ける事もあるので親しい友人や家族に協力してもらって自分の強みを見つける事をおすすめします。

採用に有利な自己PRを作成するためにも使ってほしいフレームワーク

ただ自分のアピールポイントだけを述べても、企業にアピールするには物足りないです。まとまりもありませんし、ただの自慢話になってしまう可能性もあります。

自己PRで自分の事をしっかりアピールするのはそう簡単な事ではありませんので、あるフレームワーク(型)を利用して自己PRを作成してもらいたいと思います。

ポイントとしては実績をもとに物語を作る事です。

学生時代の自分の経験の中からなにかその企業にアピールできるものを見つけましょう。そして、その経験で自分はどういう風に役に立ったのか、自分の強みをどう発揮したのか、その結果どうなったのか、という事を順に追って説明すれば相手側にもわかりやすく伝える事ができます。

そして、最後に自分のアピールポイントを今後の仕事や生活にどう活かしていくのか、企業にどう貢献していくのか、という事をアピールすれば企業に与える印象も良いものになります。

おすすめのフレームワーク

【1.結論】
私の強みは○○○です。とまずは結論を先に述べます。

【2.概要】
その強みを最も活かす事ができた時の話、実体験を元に伝える。

【3.課題】
実体験の中で見えてきた課題や自分の短所、不得意な事も伝える。

【4.行動】
課題を解決するために自分がおこした行動、短所や不得意を克服するためにおこした行動などを伝える。

【5.結果】
その結果どうなったのか、成果はどうだったのか、周囲の人に与えた影響などを伝える。

【6.貢献】
最後にこの強みを弊社でどう活かしていくのかを伝える。

このフレームワーク通りに自己PRを作成すれば企業側にあなたのアピールポイント、強みをしっかりつてる事ができます。

最初に結論から述べる事で、話も組み立てやすいですし、相手側も強みを把握した上で話を見る事ができるので伝わりやすい文章になります。

そして、最後に今後、自分がどう貢献していくのか、自分の強みをどう活かしていくのか、という事を伝える事で仕事への意欲、姿勢も同時に伝える事ができ、企業側からスカウトをもらえる可能性を高くする事ができます。

企業に好印象を与えるプロフィール写真

キミスカでスカウトを獲得している人の特徴を見ていると写真にある共通点があるんですね。

それは好感を持つ事ができる写真を使っていると言う事です。

就活だとスーツを着用して、どちらかというと真面目な写真を用意しなければいけないイメージがありますよね。実際にエントリーシートや履歴書ではこうした写真を使う事が社会人としての常識になります。

しかし、キミスカではカジュアルでその人らしい雰囲気が伝わる写真を利用している人が多く、こういった人がスカウトを獲得している傾向にあります。私服で笑っている写真や部活やサークルに取り組んでいる写真で企業側に好印象を与えている人がいいんですね。

企業側がプロフィールでまずはじめに見る所は写真になる事が多いといいます。

この時に好感を持てる写真でよい第一印象を与える事ができれば企業側にしっかり好印象を与える事ができます。

「人は見た目で9割印象が決まる」という言葉がありますが、まさにその通りなんですね。最初の第一印象で好印象を与える事ができればスカウトをもらえる可能性も高くする事ができるのでプロフィールに使う写真は好感を与えられる写真を使うようにしましょうね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓