新卒就活.net > 志望動機・自己PR > 新卒 志望動機の作成ポイント

新卒 志望動機の作成ポイント


採用・不採用の判断材料にもなる志望動機

志望動機は選考を受ける時に必ず必要になるものです。そして、採用・不採用の判断材料にもなるとっても重要なものです。

企業の採用担当者の中には志望動機を見て、その人の人間性や仕事の意欲を見極めている人もいます。

内容が薄い志望動機だとその時点で不採用になってしまう可能性も大いにあり得るので志望動機は慎重に作成するようにしましょう。

ここでは現在、就活中の新卒者の方へ志望動機の作成ポイントをご紹介しています。

志望動機作成の5つのポイント

志望動機を作成する際、まずは以下で紹介する5つのポイントをしっかり押さえましょう。

【志望動機作成の5つのポイント】
1.他の企業でも通じる志望動機はダメ!
2.自分のアピールポイントと企業の仕事を結びつける!
3.企業に入って何をしたいのかを明確する!
4.抽象的ではなく具体的に!
5.説得力を高くするために根拠をつける!

この5つのポイントをしっかり把握してから志望動機を作成すれば説得力のある志望動機を作成する事ができ、採用担当者にも好感を与える事ができます。

1.他の企業でも通じる志望動機はダメ!

現在、就活中の新卒者の中には何社もエントリーしている人も少なくはないと思います。

エントリーする企業が多ければ、その数だけ志望動機が必要になります。志望動機を考えるのが面倒だからといって使いまわしたり、どの企業でも通じる志望動機を作成してはいけません。

志望動機を作成する時、その企業に合った志望動機を一つひとつ作成しなければいけません。

企業の採用担当者もこれまでに幾度となく人選を行なっているスペシャリストです。志望動機の内容を見ただけで使いまわしているかはすぐにわかります。

また、どの企業にも通じる志望動機だと信憑性が低くなってしまい、本当にうちの企業に就職したいのか?うちじゃなくてもいいのでは?という印象を与えてしまうので注意してください。

2.自分のアピールポイントと企業の仕事を結びつける!

志望動機に自己PRを織り交ぜる事も大事です。ただ自己PRを織り交ぜるのではなく、自分の人間性と企業の仕事を結び付けながっらアピールしていきましょう。

企業選びをしている時、自己分析と企業研究は行っていると思います。

企業の仕事がなぜ自分に合っているのかという事を明確にしていけば説得力も増しますし、その企業で働きたいという意欲も同時に伝える事ができます。

自分の人間性と仕事の共通点を見つけて結び付けられる事がある場合は積極的にアピールしていきましょう。

3.企業に入って何をしたいのかを明確する!

企業に就職してからのビジョンはお持ちですか?

その企業に就職できたらしたい事がある、身に付けたいスキルがある、このようなキャリアを積んでいきたい、というビジョンを持っている時はその事も志望動機に織り交ぜると良いでしょう。

そうする事で仕事への意欲をしっかりアピールする事ができます。

「ビジョン=目標」と考える採用担当者は多く、入社後も積極的に仕事をしていける人材だと判断します。もちろん、これは好印象を与える事になるので採用に大きく近づく事ができます。

4.抽象的ではなく具体的に!

志望動機で仕事への意欲、自分の事を採用担当者に伝えるには具体的に志望動機を作っていかなければなりません。

「ただその仕事がしたいから」といような抽象的な志望動機ではなく「○○○だからこの仕事をしたい」「○○○だから御社に入社したい」というような具体的な志望動機を作っていきましょう。

具体的に志望動機を作成するだけ説得力、信憑性はいっきに高くなりますし、その企業に就職したいという気持ちもしっかり採用担当者に伝える事ができますよ。

5.説得力を高くするために根拠をつける!

何事もそうですが、根拠がしっかりあれば説得力を高くする事ができますよね。

志望動機も同じです。しっかり根拠に基づいて作成していけば説得力のある志望動機を作る事ができます。

また、その企業でなければダメだという事も採用担当者に伝える事ができるようになります。

上記でご紹介してきた事と同じように説得力が高い志望動機だとその企業に就職したい気持ちをしっかり伝える事ができるので根拠もつけながら志望動機を作成していきましょう。

新卒 志望動機の例文

【自己PR 例文①:営業の志望動機】
私は営業職を希望しています。学生時代に培ったコミュニケーション能力と長所である会話力を十分に活かせると考えています。
コミュニケーションを取りながら、そして会話の中からお客様の目線になって、今お客様がなにを望んでいるのか、どんな商品を必要としているのかをとっさに察知してお客様に適した商品を提案していきたいと考えています。それが仕事のやりがいにも繋がると思っていますし、自身の成長に繋がる事だと思います。
「顧客の事を第一に考える」という御社であればお客様の事を第一に考えた営業スキルが身に付くと思い、御社への就職を希望する事を決意しました。

【自己PR 例文②:食品メーカーの志望動機】
私は御社の徹底した商品研究、品質管理を行なっている所に魅力を感じています。人間の生活を支える「食」の部分を消費者の目線になって商品開発をしている事が数多くのヒット商品を誕生させている事に繋がっていると思います。
私自身も御社の一人として、消費者の生活を支えていきたいと考えています。食は人にとって欠かす事ができないものです。その食に携わるお仕事に就く事が今の私の目標であります。入社後は常に行動目標を立て、様々なスキルを身に付けながら1日でも早く御社に貢献できるように精進していきたいと思っています。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓