新卒就活.net > 志望動機・自己PR > 採用担当者の評価もアップ!自己PRでアピールしたい事

採用担当者の評価もアップ!自己PRでアピールしたい事


自己PRでアピールしてほしい事、自己PRの作成ポイント

採用を勝ち取りためには自分の事を企業に売り込む事が重要。

特に書類選考時に自分の事をうまくアピールする事ができなければ、書類選考で不採用になってしまう可能性は高いです。

自分の経歴だけではなく、学生時代になにを専攻していたのか、何を率先して行ってきたのか、他にも自分がどういう人間なのかをしっかりアピールする事は必須になります。

そして、これらの事に加え企業で自分がどう役に立てるのか、その企業で自分にできる事、その企業で活かす事ができるスキルなど、具体的に自己PRを作成していけば書類選考を突破でき、面接に進むことができますよ。

企業が求める人物像とマッチングすれば採用をもらえる可能性は高くなるので、アピールできる事は積極的にアピールして採用に近づきましょう。

ここでは自己PRでアピールしてほしい事、自己PRの作成ポイントをご紹介しています。現在、就職を目指して就活中の新卒者の方に参考にして頂きたいと思います。

ありきたりな自己PRでは他の新卒者と同じになってしまう可能性がありますので、差別化を付けるためにも自己PRの作成ポイントをしっかりおさえてから自己PRを作成していきましょう。

まずは読みやすい、わかりやすい自己PRを作成する事が大事!

どんなに自分の事をアピールしている自己PRを作成する事ができても、読みにくい、分かりにくい、では採用担当者に自分がどういう人間なのかをアピールする事はできません。

大事なのは相手にしっかり伝わる自己PRを作成する事です。そのためには読みやすい、分かりやすい、自己PRを作成する事が大事になってきます。

そうすれば採用担当者に自分がどういう人間なのかをしっかりアピールする事ができますし、しっかり自己PRの作成方法を勉強してきた、相手に物事をうまく伝える事ができる人間、というような印象も同時に与える事ができ高評価に繋げる事ができます。

このようにわかりやすい自己PRを作成できれば、自分の事もしっかりアピールできますし、採用担当者にも好印象を与える事ができ一石二鳥なんですね。

ただ自分の事をアピールするのではなく、読み手の気持ちになって伝わりやすい自己PRを作成していきましょう。

自己PRで必ずアピールしてほしい事

自分のこれまでの実績や経験

新卒者を募集している企業の多くがどのような学生時代を過ごしてきたのかを確認します。

なにを専攻してきたのか、部活やサークル、ボランティア、インターン、留学などの経験を確認し、これらの経験を通してどのような人間なのか、どのようなスキルを身に付けているのか、という事を見極めます。

より多くの事を経験してくれば中身がそれだけある人間だという評価になりますし、なにも経験がないと中身が空っぽだという印象を与えてしまう事になります。

ですので、これまでの学生時代を思い返し、どんな経験を積んできたのかをピックアップしてみましょう。

特にインターンや留学、ボランティアの経験に関しては企業側は好印象を抱きやすい傾向にあるのでどんな事をしてきたのか、どんなスキルを身に付けられたのか、そして、どのような結果や成果を得る事ができたのか、という事を具体的に伝えていきましょう。

もし、その企業で活かす事ができるスキルや経験、実績がある場合は積極的にアピールしていきましょうね。

将来的な事

自己PRで将来的な事をアピールする事も大事です。

例えば、

・5年後、10年後のキャリアプラン
・将来の夢、目標
・どんな人間になりたいのか
・どんなスキルを身に付けていきたいのか

などの事を伝える事も大事です。

このような事を伝えるだけで将来的な事をしっかり考えている、先を見ながら行動できる、夢や目標を持って行動できる、という事をアピールできます。

また、エントリーした企業の事と将来のキャリアプランや目標を結びつけるとより効果的に企業に好印象を与える事ができますよ。

実際に面接時に入社後の目標を聞かれる事も多いですね。

企業側も入社後にどんな目標を持っているのかという答えを通して、仕事への意欲や社会人としての意識を確認している部分もあるので適当な返答をせずに、しっかり将来を見据えた目標を掲げるようにしましょう。

仕事へのやる気・意欲・熱意

仕事へのやる気・意欲・熱意をしっかり伝える事ももちろん重要になります。

企業は新卒者に対して、これまでの経験や実績はほとんど求めません。その代わりに将来性を求めます。

仕事に対してやる気がある、意欲がある、熱意がある、という事は成長の伸びしろを期待する事ができ、企業にとっては魅力な存在になります。

『この人なら将来を期待できる』『この人ならどんどん成長してくれる』『この人なら積極的に仕事やスキルを身に付けてくれる』という印象を与える事ができれば採用をもらえる可能性を高くする事ができますよ。

仕事への意欲ややる気を伝えるためにも企業研究をしっかり行い、その企業がどんな企業なのかを把握した上で自分がどのように成長していく事ができるのかという事を考えていきましょう。

そうする事で、そこの企業で身に付けなければいけないスキルやキャリアも明確になり、先ほど紹介した将来的な事も含めてアピールしていく事ができます。

その結果、仕事への意欲がある、やる気がある、熱意がある、という印象を採用担当者に与える事ができますよ。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓