新卒就活.net > 就活マナー > 新卒就活生に気を付けてもらいたい就活マナー

新卒就活生に気を付けてもらいたい就活マナー


就活生には社会人と同等の常識、マナーが求められる

就活を行う際、就活生には社会人と同等の常識、マナーが求められます。学生だから多少、常識やマナーがなくても大丈夫は通用しませんの注意してくださいね。

就活マナーを身に付けていないがために企業や周囲の人に迷惑をかけたりする事もありますし、悪い印象を持たれてしまう事だってあります。企業に一度でも悪い印象を持たれてしまうと名誉挽回する事はそう簡単な事ではありません。

マナーの悪さが不採用に繋がってしまう可能性は高いですので、新卒就活生は就活マナーを身に付けた上で就活を行なっていく事が必須になりますよ。

では就活マナーとはいったいどのようなものになるのでしょうか。

ここでは新卒就活生に身に付けてもらいた就活マナーをご紹介しています。

就活生の常識的なマナー

就活を行う際、最低限必要なマナーがあります。それが服装や身だしなみ、言葉遣いや話し方です。

これらの事は基本的なマナーになりますのでまずはこれらのマナーが自分に身に付いているのかを確認してみましょう。

服装

就活での服装は男性も女性も基本的にスーツです。しかし、スーツの色は?シャツの色は?ネクタイの柄は?という問題に頭を悩まさせている方も多いのではないでしょうか。

【スーツ】

スーツの色は男女共に黒か紺、グレーが基本ですね。そして、ストライプなどの柄が入ったスーツは避け、無地のスーツを選ぶようにしましょう。

そして、シワや汚れは禁物です。企業説明会や面接を控えている時は必ず事前にクリーニングにだしてシワや汚れのないスーツで企業説明会や面接に挑むようにしましょう。

【ネクタイ】

ネクタイの色でやる気をアピールする、自分の個性をアピールする、という話を聞く事がありますが、就活でのネクタイの色は紺やグレーが無難ですね。そして柄はストライプ水玉が良いでしょう。

変に派手なネクタイや奇抜なネクタイだと企業側には「この場をなんだと思っているんだ!?」というような常識やマナーがないイメージを持たれてしまうので注意しましょう。

【シャツ】

常識やマナーを考えるとシャツの色は白の無地です。女性も同様で白のシャツやブラウスです。

就活では別にオシャレをする必要はありませんので色がついたシャツや柄が付いたシャツ、今流行のボタンダウンシャツなどは避けるようにしましょう。

【ベルト・靴・時計】

ベルト・靴・時計もスーツやネクタイと同様で派手な色のものは就活には適しません。

ベルトは黒色でバックルが小さめの物を、靴も黒の革靴が一般的で無難でしょう。時計はシンプルでアナログのものを選択しましょう。

身だしなみ

就活中の身だしなみはやはり清潔感を心がける事が大事になります。

【髪型】

男性は短髪・黒髪がベストです。長髪や茶髪で就活に挑んでしまうと常識がないという印象を与えてしまい大きなマイナスになってしまいますね。職種によっては長髪、茶髪が許されている企業もありますが、就活中は短髪・黒髪で挑むようにしましょうね。

女性も男性と同様に黒髪が一般的なマナーになります。もし髪が長い場合はまとめる事が大切です。前髪は横に流すのが無難ですね。

そして、男女ともにボサボサの髪、寝癖だらけの髪はNGですよ。このような髪型で面接などに臨んでしまうとだらしないイメージを持たれてしまうので清潔感のある髪型を心がけましょう。

【メイク】

就活メイクの基本は明るく健康に見えるようにメイクをする事です。また、濃すぎず薄すぎずにメイクする事も大事になりますね。

もし、メイクに自信がない場合は就職セミナーなどのカウンセリングコーナーでアドバイスをもらうといいでしょう。

【服装】

服装に関しては上記でも述べたように男女共に基本的にスーツです。派手な色や柄が入ったスーツではなく、紺や黒、グレー。シャツは白で無地が無難ですね。靴も黒の革靴が基本的になります。

髪型と同様に清潔感のある服装を心がける事で企業には良い印象を与える事ができますよ。

言葉遣い・話し方

【敬語】

就活中誰もが敬語を心がけると思いますが、間違った敬語や間違った日本語で話している方は多いんですね。特に学生さんは流行言葉や略語をついつい使ってしまう事も多いので注意が必要ですよ。

しっかりとした敬語を使えないと企業にも良い印象を持ってもらえないので就活中に正しい敬語を覚えるようにしましょう。

【抑えておきたい言葉遣い】

・自分の事は『わたし』『わたくし』
・相手の会社は『御社』『貴社』
・同意は『かしこまりました』
・謝罪する時は『申し訳ございません』
・ねぎらう時は『お疲れ様でした』

【話し方】

話し方次第でも人に与える印象は変わってくるんですね。いくら丁寧な言葉を使って話していても早口だったり、もごもご話していると相手には良い印象を与える事ができません。

特に面接のときは面接官と直接、会話をする事になるので話し方には十分注意しなければいけませんよ。

話し方のポイントとしては、

・気持ちゆっくり話す事を心がける
・ハキハキと話す
・相手の目を見て話す

この3つです。

面接時、緊張からついつい早口になってしまう方が多いですが、気持ちゆっくり話す事を心がける事で相手には自分の言葉をしっかり伝える事ができますよ。

そして、相手の目を見てハキハキと話す事で面接官にはしっかり好印象を与える事もできます。

このように話し方も就活では大切なものになり、そしてマナーのひとつになる事です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓