新卒就活.net > 就活マナー > 就活中の企業への返信メール。注意する事は?

就活中の企業への返信メール。注意する事は?


企業へのメール返信のマナー

就活をしている時、企業と直接メールでやり取りが行われる事があります。

面接調整やお礼メールなど。選考時はメールの内容や言葉遣い、文法にも気を付けなければなりません。

メールでやりとりできる現在、社会人になった時もメールは頻繁に使われます。

もし、選考時に採用担当者とメールでやり取りをしていて悪い印象を与えてしまうと、選考に響いてくる恐れもあるので就活中はメールのマナーを把握しておくことも大事です。

実は就活生の中にはメールマナーを身に付けていない人って多いんですよね。実際に就活をスタートしてから慌てて身に付けるのではなく、事前にメールマナーについても勉強して身に付けておくことが大切です。

ここでは企業へのメール返信のマナーについてご紹介しています。現在、就活中の方、これから就活をスタートするという方の参考になればと思います。

メールの返信は24時間以内に行う事。

メールをもらったらすぐに返信する。これは最低限のメールマナーですね。

メールだから返信は少し遅れてもいいと思わないで、できるだけすぐに返事を返しましょう。

採用担当者は応募者全員とメールでやり取りをしている事もあり、少しでも早く返信をもらえればスムーズに仕事が進む事もあります。

採用担当者の身になって考えて、早い返信を心がけましょう。そうする事で採用担当者に好感を与える事ができますよ。

特に面接の日程調整に関するメールは必ず早く返信をしましょう。

面接などの日程調整は大変な業務です。あなた1人の返信遅れるだけで調整が長引いてしまう事もあるので注意してください。

企業にメールを返信する時の注意点

宛先は明確に!そして、正式名称で。

メールを返信する時、誰当てなのかを明確にする事を忘れてはいけません。

メールの返信、メールの内容に気を取られ、ついついタイトルや宛先の記入を忘れてしまう人は少なくはありません。

個人のアドレスなら誰宛てなのかわかりますが、部全体や会社全体のアドレスの場合は宛先がわからなければ送信者と連絡を取る事はできません。

メールを返信する時は、まずタイトルと宛先をしっかり入力してからメールの本文を作成するようにしましょう。

本文は見やすく!

本文を見やすく作成する。これもメールマナーでは当たり前の事です。

改行なし、ひらがなが多い、誤字脱字がある。このようなメールは読みにくく、ただ採用担当者に悪い印象を与えるだけです。

メールを作成する時は読み手の気持ちになり、スムーズに読む事ができる文章を作成するようにしましょう。

用件は簡潔に!

メールの本文を作る時は用件をまとめ、簡潔に伝える事が大切です。

先ほど述べた、本文は見やすくと同じですが、簡潔にまとめたシンプルな文章の方が相手は読みやすく、すぐに理解する事ができます。

要点がまとまっていないダラダラした文章は採用担当者に悪い印象を与えてしまうだけなのでこうした事にも注意しながら文章を作成していきましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓