新卒就活.net > 就活マナー > その人の印象は見た目で9割決まる!就活時の服装・身だしなみ

その人の印象は見た目で9割決まる!就活時の服装・身だしなみ


第一印象で良いイメージを与える事は必須!

『その人の印象は見た目で9割決まる』このような言葉を聞いた事がある人も多いでしょう。

あなたも見た目でその人の事を勝手に判断してしまう事も多くありませんか?

身だしなみがあまりにもだらしない人⇒私生活もだらしない、大雑把な性格
清潔感のある身だしなみの人⇒几帳面な性格、キレイ好き、清楚

というように、見た目だけで勝手にその人の性格をイメージしてしまうんですね。

見た目だけでその人の性格を勝手にイメージする事は良い事ではありませんが、見た目というものはそれだけ大事なものになるんですね。

特に初対面の場合は見た目次第でその人の第一印象が大きく変わってしまいます。

就活でも面接官に良い第一印象を与える事が重要

新卒者が採用を勝ち取るためには企業の採用担当者や面接官に良い第一印象を与える事がポイントになります。

そのためには見た目にも気を付けなければいけません。

見た目とひとことで言っても身だしなみ、服装、立ち振る舞い、など色々ありますが、すべてに気を遣わなければいけません。

ベテランの面接官ですと見た目で感じた第一印象で採用・不採用を決めてしまうという方もいると言います。

人間というのは一度でも悪い印象を持ってしまうと、その悪い印象をずっと持ってしまうんですね。最初の時点で悪い印象を持たれてしまうとなかなか覆す事は難しいんですね。

一度でも面接官に悪い印象を与えてしまうと、採用をもらえる可能性は低くなってしまうので身だしなみには気を付けて面接に挑む事は必須です。

面接官に良い印象を与える方法

では、面接官に良い第一印象を持ってもらうにはどうすればいいのでしょうか。

まず必須になる事は服装・身だしなみをしっかり整えるという事です。清潔感のある服装・身だしなみに悪い印象を持つ人はほとんどいません。

清潔感のある服装・身だしなみで面接に挑むためにも以下の事は必ずチェックしてもらいたと思います。

髪型・顔

【男性】
・寝癖はないか
・ヒゲの剃り残しはないか
・目ヤニはついていないか
・鼻毛は出ていないか

【女性】
・前髪は長くないか(長い場合はまとめる)
・メイクは派手すぎないか、濃すぎないか
・髪はしっかりまとめられているか
・目やにはついていないか

スーツ・シャツ

【男性】
・スーツ、シャツにシワや汚れはないか
・ネクタイは緩んでいないか
・肩にフケはついていないか
・スーツやシャツは身体に合っているサイズか
・シャツがパンツから出ていないか

【女性】
・スーツ、ブラウスにシワや汚れはないか
・肩にフケはついていないか
・スーツやブラウスは身体に合っているサイズか
・ブラウスがパンツから出ていないか

その他

【男性】
・靴に汚れはないか
・アクセサリーは派手すぎないか
・カバンや腕時計は就活に合っているものか

【女性】
・靴に汚れはないか
・アクセサリーは派手すぎないか
・カバンや腕時計は就活に合っているものか
・タイツは伝線していないか

面接官に悪い印象を与えてしまう身だしなみ

茶髪・金髪

就活をスタートさせる際、茶髪・金髪はNGです。履歴書やエントリーシートの写真を取る際にも茶髪・金髪はNGです。

職種や企業によって茶髪・金髪が許されている場合もありますが、エントリーする時や面接を受ける時は必ず髪の色は黒くする事は必須です。

派手なアクセサリー

就活にアクセサリーは必要ありません。特に面接を受ける際に目立つネックレスやピアス、指輪をしていると常識がないという印象を面接官に与えてしまうので注意しましょう。

できる事ならアクセサリーを身に付けないようにしましょうね。

スーツのシワや汚れ

見た目で好印象を与えるには身だしなみが清潔である事は必須です。シワだらけのスーツやワイシャツ、汚れているスーツやワイシャツには誰も好印象を持つ事はできません。

面接を控えている時はスーツやワイシャツをクリーニングに出すなどしてしっかり身だしなみを整えて面接に挑むようにしましょう。

体臭や口臭

体臭や口臭を気にする面接官も最近では多くなっています。最近ではスメハラ(臭いで周囲の人に不快感を与える事)という言葉も誕生しており、臭いに気を遣う事も必要ですよ。

日本人は臭いに敏感なため、体臭や口臭がきつい人に不快感を覚えてしまう方は多く、もちろん悪い印象になるので日頃から対策を行なっていく事が大切ですよ。

派手なメイク・濃いメイク

女性の場合ですとメイクにも気を付けなければいけません。就活をする際のメイクは基本、ナチュナルメイクです。決して派手すぎずにメイクする事が大切ですよ。

女性の場合はメイクで相手に与える印象が大きく変わってきます。面接を受ける時は落ち着いたメイクで面接官に良い印象を与えるようにしましょう。

話し方・言葉遣い・立ち振る舞いでも印象が変わる

面接官に良い印象を与える際、服装や身だしなみ以外にも話し方・言葉遣い・立ち振る舞いも気を付けましょう。

いくら服装や身だしなみで良い第一印象を与える事ができても話し方・言葉遣い・立ち振る舞いができていないとすぐに悪い印象へと変わってしまいます。

社会人として相応しい話し方なのか、正しい言葉遣いなのか、相手に不快感を与えない立ち振る舞いなのか、という事も面接に挑む際には勉強する事は必要ですよ。

こういった事は社会人としての最低限のマナーでもあるので、服装や身だしなみだけに気を取られないで話し方・言葉遣い・立ち振る舞いも重要になるという事を頭に入れておきましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓