新卒就活.net > 就活ポイント > 2次選考で落ちてしまう学生さんへ

2次選考で落ちてしまう学生さんへ


面接で落とされてしまう理由を突き止める事が必要

やりたい仕事は決まっている、就職したい企業もある、だけどなかなか採用をもらう事ができない。。。
1次選考は通るけどいつも2次選考で不採用になってしまう。。。

こんな悩みを抱えている新卒の方も多いと思います。

書類選考や筆記試験をクリアする事ができても面接をクリアする事ができなければ内定をもらう事はできませんよね。内定をもらうには面接をクリアする事は必須です。

まずは面接でなぜ落とされてしまうのか、その理由を突き止める事が必要です。

例えば、履歴書に書いてある内容と面接時に話している内容があからさまに違う、という理由で不採用になってしまうという話はよく聞きます。他にも面接で面接官に良くない印象を与えてしまい、それが不採用の理由になっている方もいますね。

面接は事前準備を怠ってしまうと高い確率で不採用になってしまう恐れがあります。事前準備、面接対策をしっかり行った上で面接に挑む事が面接をクリアする大きなポイントになるんですね。

2次選考をクリアして内定をもらうには!?

面接で自分の人間性や魅力をしっかり伝える!

面接ではあなたの人間性や仕事への意欲、価値観を見極められる場です。

どのようなスキルを持っているのかという事については履歴書やエントリーシートで伝えていますので、自分の魅力を最大限引き出し、内面的な事を積極的にアピールする事が大切です。

2次選考で落ちてしまう、内定をもらう事ができない、という方の多くがこの部分をしっかり行なえていないんですね。要は自分の言葉で自分をうまくアピールする事ができていないという事です。

履歴書では紙面上で自分をアピールする事になります。学歴や資格等、志望動機、自己PR。文字を使ってアピールする事になります。自分の納得がいくまで何度も添削することもできます。

しかし、面接では自分の言葉でアピールしなければいけません。しかも一発勝負です。面接にやり直しなんてありません。

いくら高学歴で優秀な人材だとしても自分の魅力をうまく伝える事ができなければ企業にはなんの魅力もない人材になってしまいます。

しっかり面接対策を行なって準備万全で面接に挑む!

面接で自分の事をうまくアピールするためにも事前に準備をしておくことが重要になるんですね。

自己分析を行って自分がどういう人間性なのか、どんな魅力があるのか、という事を見つけ、その人間性と魅力をどう伝えるのかを考えましょう。

先ほどもの述べましたが、具体的にわかりやすく面接官に伝える事が必要なので事前に言葉を用意しておかなければいけません。

ここの部分をしっかり準備できていれば、面接で自分の人間性・魅力をしっかり面接官に伝える事ができるでしょう。

また、面接官がどんな事に焦点を置いて人選をしているのか、という事を把握する必要もありますし、面接官に良い印象を与える話し方や立ち振る舞い方を身に付けておく必要もあります。

1次選考を通過して面接まできたら内定までもうすぐです。内定を勝ち取るためにもしっかり面接対策を行い、準備万全で面接に挑みましょう。

面接の事前準備、面接対策のポイント

自分のアピールポイントをまとめる!

上記でもご紹介してきたように面接はあなたの人間性や仕事への意欲、価値観を見極められる場です。自分の人間性や魅力をしっかり伝える事ができなければ採用をもらえない可能性が強いので、事前に自分のアピールポイントをまとめておきましょう。

面接でも長所やアピールポイントを聞かれる時間は必ずありますので、この時にしっかり自分の人間性と魅力を伝えましょう。また、他の質問の時でも自分の人間性や魅力と結びつける事ができる場合は積極的にアピールしていきましょう。

社会人としてのマナーや身だしなみを再確認する!

社会人としてのマナーや身だしなみをチェックしている面接官はたくさんいます。

初対面の時にマナーがない、常識がない、身だしなみが乱れている、この3つの印象を与えてしまうと最悪な第一印象になってしまい、大きなマイナスになるので面接を受ける際には再度、社会人としてのマナーや身だしなみをチェックしましょう。

礼儀作法、言葉遣い、話し方、立ち振る舞い、などの事も社会人のマナーに入るので自分の言葉や口調、行動に間違った表現はないかも一緒に確認してほしいと思います。

面接官に良い第一印象を与える事ができればもちろん採用をもらえる可能性もおのずと高くなるのでまずは社会人としてのマナーや身だしなみがあるという事を自分の行動で証明しましょう。

企業の価値観、企業が求めている人物像を把握する!

面接では企業の経営理念や経営方針、社風をどれだけ理解しているのかを確認される事も多いです。

面接前には企業研究をしっかり行い、その企業がどういう企業なのかを把握し、自分がその企業でどう活躍していくのか、どういう部分が自分に合っているのかを見つけましょう。そして、自分の行動原理とすり合わせて自己PRを作成していきましょう。

また、企業研究をする事で企業が求めている人材もある程度、把握す事ができます。企業が求めている人材を把握する事ができ、その人物像に見合った人間だとアピールできる志望動機や自己PRを作成すれば企業もマッチングした人材だと判断してくれるでしょう。

ただ、嘘や偽りはNGですよ。面接時に必ずボロがでるので自分の人間性や魅力の中からアピールポイントを見つけて志望動機、自己PRを作成していきましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓