新卒就活.net > 就活ノウハウ > 新卒からフリーターになってしまった時の就活ポイント

新卒からフリーターになってしまった時の就活ポイント


新卒で就活を決める事ができなかったあなたへ

新卒で就職を決めれずにフリーターになってしまった。。。

新卒からスムーズに就職を決める事が一番の理想ですが、就職が決まらずそのまま大学を卒業してしまったという方も少なくはないと思います。

大学在学中に就職を決めるのとフリーターから就職を決める。この2つには大きな差が出てきてしまうんですね。

やはり、フリーターから就職を決める事はそう簡単な事ではありません。

大学の後ろ盾もありませんし、自分一人で就活を進めていかなくてはなりません。

『思うように就活を進められない。。。』
『エントリーしたい求人が見つからない。。。』
『就活の仕方がわからない。。。』

といような悩みや不安がどうしてもでてきてしまうんですね。

ここではそんな方へ、就活・就職のポイントになる事をご紹介しています。新卒からフリーターになってしまった方に参考にして頂ければと思います。

積極的に行動して1日でも早く就職を決める!

まずは1日でも早く就職できるように積極的に行動する事は必須です。

フリーター歴が長ければ長いほど、就職はどんどん不利になっていきます。社会人として働いている同年代の人達とも大きく差がついてしまうでしょう。生涯年収だって大きく変わってきます。

この差が開かないように1日でも早く就職を決める事が必須になってくるんですね。

そのためには自分から積極的に就活を行う事がポイントになります。

頻繁に求人探しを行う、就職に役立つ情報を積極的に収集する、セミナーや説明会にも積極的に参加する、など自分からアクションを起こしていきましょう。

卒業してすぐの場合、新卒者と同じ扱いをしてくれる企業もありますので、そうした企業を見つけるためにも頻繁に求人探しを行なっていきましょう。

大学を卒業してるので大卒が必須になっている求人にもエントリーでき、幅広く求人探しを行う事が可能です。

今では就職をサポートしてくれる就職サイトも数多くあり、就職サイトの規模が大きければ豊富な正社員求人を見つける事ができるので就職サイトをうまく活用する事をおすすめします。

大手就職サイト『リクナビNEXT』では様々な職種の豊富な正社員求人を見る事ができるので一度、リクナビNEXTに掲載されている求人に目を通して見るといいでしょう。

⇒リクナビNEXT 公式サイトはこちら!

リクナビNEXTは就職・転職のプロ集団と言われているリクルートグループが運営している就職サイトです。大卒者向けの求人、フリーター向けの求人も豊富に扱っているので有利に求人探しを行う事ができますよ。

妥協できる所は妥協する!自分が就職できる企業に絞って企業探しを行う

自分はこの企業に就職したい!という希望を持たれている方もいるかもしれませんが、フリーターからの就職はその希望は高い確率で叶える事ができないでしょう。

たとえ、大卒で大学を卒業したばかりの方でも現状はフリーターです。人材を募集している企業からするとフリーター扱いにされてしまうケースがあるんですね。その上、社会人経験もない訳ですからどうしても採用をもらえる可能性は低くなってしまいます。

中途採用を行なっている企業の多くが、即戦力になる人材を求めているので自分が就職したい企業があってもその企業に就職できる可能性は極めて低く、妥協をする事も必要になってくるんですね。

今の自分の現状を受け入れ、自分でも就職できる企業に絞って求人探しを行う事が1日でも早く就職できるポイントのひとつになりますよ。

就職サイトでは未経験者を歓迎している求人も多くあります。未経験者を歓迎している企業は学歴・経歴よりも人間性や仕事への意欲を重視している傾向にあるので求人探しを行う際には未経験者を歓迎している求人を中心に探すといいでしょう。

フリーターはまず職歴を作る事が大事!

上記でご紹介したように今の自分でも就職できる企業を中心に企業選びを行い、まずは職歴を作りましょう。

最低でも3~4年間、その企業で働いてスキルやキャリアを身に付ける、他にも社会人経験、実績を作る事をまずは優先してもらいたいと思います。

そうする事で後に転職をする事が可能です。もし、自分のやりたい事がある、就職したい企業がある、もっとキャリアップをしたい、という場合に転職を行う事ができるんですね。

フリーターの時とは違って社会人経験もありますし、スキルやキャリアもあるので有利に転職を行う事ができますよ。自分が就職したかった企業に就職できる可能性だってあります。

このように職歴を作る事で後に自分が希望する企業に就職できるチャンスが生まれてきます。遠回りになると思われがちですが、フリーターになってしまった以上、こうした方法が一番の近道なんですね。

フリーターになってしまった理由を用意する事

一度でもフリーター経験がある場合、選考時に企業側から「なぜフリーターになったのか?」という質問を必ずといっていい程受けます。

この時、あまりにもネガティブな理由だと企業には悪い印象を与えてしまう事になるのでポジティブな理由を用意する事が必須です。

正直に「新卒で就職を決める事ができなかった」と述べてもいいのですが、これだけではネガティブな理由になってしまうので、その後に「今は大学在学中に就職を決められなかった理由を把握し、その問題点を改善しながら就活をしています。」という前向きに就活に挑んでいる事を伝えればポジティブな理由になります。

また、この時に就職したいという熱意や仕事に対する姿勢の事も織り交ぜながら伝えると、企業側には悪い印象を持たれませんよ。

先ほども述べましたが、フリーターになった理由は面接時に高い確率で聞かれる質問なので、事前にしっかり答えを用意しておきましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓