新卒就活.net > 就活ノウハウ > 大学で学んだ事を就活に活かすにはどうすればいい?

大学で学んだ事を就活に活かすにはどうすればいい?


大学4年間で経験した事、学んだ事を就活に活かす方法

大学で過ごす4年間には様々な出来事があります。

今までに学ぶことができなかった専門的な知識を学べたり、実際に社会の現場に立って働くインターンやバイト、部活やサークル、様々なキャンパスライフが大学4年間に詰まっています。

この大学4年間で経験した事、学んだ事は就活に活かす事ができます。

大学や専門学校でどのような勉強をしてきたのか、どのような事を率先してやってきたのか、という事を採用の判断材料にしている企業は少なくはありません。大学4年間の生活を見てあなたの人間性を見極めている企業もあります。

学生時代に学んだこと、経験した事、得たもの、をうまくアピールする事ができれば採用をもらえる可能性を高くする事ができますよ。

どうやって大学で学んだことをアピールすればいいのか?

具体的に説明する事がポイント!

大学時代に自分が経験した事をただ企業に伝えるのではなく、そこから何を学んだのかという事を具体的に伝える事が大切です。

例えば、大学4年間、部活やサークルに専念した事を企業に伝える時、部活やサークルに入っていた事だけを伝えても自分の人間性をアピールする事はできません。

部活やサークルを通してどんな事が身に付いたのか、どんな事を学んだのか、まで考えて伝える事が必要です。

部活やサークルの経験から学べるものは勉強からでは学ぶことができないものが多いです。これを企業にしっかりアピールしなければもったいないです。

「チームメイトとのチームワークやコミュニケーションの大切さ」「物事を諦めない姿勢」「みんなでやり遂げた達成感」「試合に負けた悔しさ」など様々な事を部活やサークルでは学ぶことができます。

もちろん、これらの事は社会にでても役立つ事ばかりなので就活ではアピールできる事になります。

上記でも述べましたが、新卒採用をしている企業では大学時代の生活をあなたの人間性を見極めている企業もありますのでだ学時代の経験や学んだことを、身に付けたもの、がある場合は積極的にアピールしていきましょう。

ここでは部活やサークルを例に挙げてご紹介しましたが、専攻してきた学科の事でもいいですし、ゼミの研究やボランティア活動、インターンやバイトでの経験でも構いません。

社会に出た時に役立つと思った事は積極的にアピールしてひつでも多くの好印象を企業に与えるようにしていきましょう。

アピールできる経験を見つけるには?

まずは大学4年間を振り返り、自分のやってきた事を思い返してみましょう。

この時、紙に一つひとつの出来事を書き出していきましょう。何でもいいです。できるだけ多くの事をピックアップしていきましょう。

そして、その経験から何を学んだのかを考えます。すべての経験から何かを学んだ訳ではないと思いますが、その経験から何かを学べた、自分にとって貴重な経験になった、というものをピックアップしてどんな事を学べたのかを書き出してみましょう。

そして、最後にこの経験から学んだ事が社会に出た時にどう活きてくるのかを考えます。

それがその企業と関連した事なら尚良いですね。企業研究も行なって、その企業で自分の経験がどう活きてくるのかを明確にしましょう。そうする事で企業にもしっかり好印象を与える事ができ、採用をもらえる可能性も同時に高くなります。

特にアピールできる経験はインターンやバイトの経験

特にアピールできる経験としてはインターンやバイト経験です。

インターンやバイトでは実際に社会の現場に立って様々な経験を得る事ができます。

働くという意味、働くというのはどれだけ大変なのか、学生と社会人の違い、など数多くの事を学び、身に付ける事ができます。

こういった事は大学の中では決して学ぶことができないものですよね。

「周囲のスタッフと協力して成し遂げることの大切さを学んだ」
「相手の立場に立って考えることの大切さを学んだ」
「目標に向かって粘り強く努力することの大切さを学んだ」

こういった事を学ぶこともできます。

企業側からしても、たとえインターンやバイトだとしても社会で働いた経験がある方はそれなりの評価をします。

大学4年間の中でインターン経験がある、バイト経験がある、という方は積極的にアピールしていきましょうね。

大学時代になにを学んだか?は面接の時によく聞かれる質問のひとつ

面接の時に面接官からよくされる質問のひとつに「大学時代になにを学んだか?」があります。

ですので、事前に答えを準備しておくことも必要ですね。

上記でもご紹介してきましたが、大学時代の経験や学んできたものは就職に活かす事ができるので大学時代に経験してきた事をしっかり企業に伝えてあなたの人間性をアピールしていきましょう。

この時も具体的に説明する事がポイントです。ただ大学時代に経験した事だけを伝えるのではなく、そこから何を学んだのか、という事も伝えましょうね。

今までの大学生活を振り返る、就活に活かせそうな経験は積極的にどんどんアピールして採用に近づきましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓