新卒就活.net > 企業研究 > 企業研究で企業のどこをみればいい?

企業研究で企業のどこをみればいい?


企業研究を行う際にポイントになる事

就活を行なっている時、企業研究をする事は必須だと言いますが企業研究をする目的とはなんなのでしょうか。そして、企業研究で企業のどこを見ればいいのでしょうか。

ここでは企業研究を行う目的、企業研究を行う際にポイントになる事をご紹介しています。

現在、就職を目指して就活を行なっている新卒者の方の参考になればと思います。

企業研究を行う目的とは?

企業研究を行う目的は簡単に言うと『その企業・業界の事を知り、自分に合った企業なのかを見極めるため』です。

もう少し具体的に言うと、

・企業の強みを知る事ができる
・企業のスタンスをする事ができる
・企業の求める人物像を知る事ができる

など、企業の事をより詳しく知る事ができます。

企業の事を知る事で、自分に合っている企業なのか、その企業に就職するためには何が必要なのか、その企業に就職して本当に後悔しないのか、という事がわかってくるんですね。

ただ有名企業だから、大手企業だから、将来性がある企業だから、需要が高い職種だから、というような理由で求人にエントリーしても就職後に後悔してしまう恐れもありますし、なにしろ採用をもらう事はできないでしょう。

やはり、採用を勝ち取るためにも、就業後に後悔しないためにも、その企業がどんな企業なのかをしっかり把握する事が大事になるんですね。

また、企業研究を行う事は志望動機や自己PRの作成にも役立ちます。

企業の事業内容が頭に入っている事で、その企業で自分にできる事、その企業で身に付けられるスキルがわかってきます。他にも将来的なキャリアプランも描く事ができ、こういった事を織り交ぜて志望動機・自己PRを作成する事で説得力のある志望動機を作成する事ができますよ。

企業研究で企業のココを見る!

では、企業研究を行う際、どんな事がポイントになるんでしょうか。以下に企業研究を行う際のポイントをまとめてみました。

まず見てもらいたい事、把握してもらいたい事は、

1.事業内容

その企業がどんな事業を展開しているのか、どんな商品を売っているのか、そして、どんな人をターゲットにしているのか、競合企業はどこか、その企業の事業内容をまずは確認しましょう。

他にも生産・製造業なのか、販売業なのか、もしくはその両方なのか、という事も確認しその企業に就職するにはどんなスキルが必要になってくるのかを把握しましょう。

このように事業内容を知る事で、自分にはどんな能力が必要なのかがわかってきます。企業が扱っている商品によって必要なスキル変わってくるので事業内容についてはしっかり確認するようにしましょう。

2.企業の沿革・経営理念

企業の沿革や経営理念も企業によって様々です。事業内容によっても様々ですね。また、沿革や経営理念によって社風や社内の雰囲気も異なってきます。

就業に後悔しないためにも企業の沿革や経営理念、社内の雰囲気は必ず確認しておきたいですね。そして、自分に合った企業なのかを見極めてほしいと思います。

3.市場の動向・将来性

その企業で扱っている商品がどれだけ需要があるのか、そして将来的に需要は高くなるのか、という事も予測する事は大切です。

現在の市場の動向を観察し、将来的にどうなっていくのか?需要はある続けるのか?今以上の成長する企業なのか?という事も考えましょう。

将来性がない企業に就職してしまうと、後になって後悔してしまう事になりかねません。5年後、10年後の企業の姿をイメージしながら企業選びをする事も大切です。

例えば、常に需要があると言われている業界を挙げると、

・食品業界
・医療業界

が挙げられますね。

「食品」は人間が生きていくために欠かす事のできないものです。医療業界も同じですよね。

特に医療業界は高齢化が進んでいる現在の日本になくてはならない業界です。医療を必要としている高齢者は多くいます。今後、今以上に高齢者の数が増えていくと言われているので医療業界の需要は高くなり続けると言われています。

5年後、10年後先も需要が高いお仕事に就く事ができれば収入も安定し、長期に渡って働き続ける事ができますよ。

4.働いている社員や企業内の雰囲気

最後に、実際にその企業で働いている社員やスタッフも確認しましょう。

実際に働いている社員やスタッフを確認する事で、どんな人材が活躍しているのか、企業がどんな人材を求めているのかを知る事ができます。

また、社内の雰囲気も知る事ができるので、自分に合った企業なのかを見極める事ができます。

今では自社の情報をホームページ等で公開している企業は多いですのでホームページやSNSに目を通し、働いている社員やスタッフの事も確認しましょう。

ただ企業研究を行うだけではダメ!企業研究を志望動機の材料にする

企業研究はその企業の事、業界の事を把握する事ができたら終わりではありません。

せっかく企業や業界のより詳しい事を把握している訳ですから、志望動機の材料に活用しましょう。

その企業に就職するためには自分にはなにが必要なのか、どんなスキルが求められるのか、どんな人物像が求められているのか、という事を把握できていますよね。

この事を志望動機に織り交ぜる事で企業側には「弊社の事をしっかり研究している」というプラスの印象を与える事ができます。

また、企業の事を織り交ぜて志望動機を作成する事で抽象的ではなく具体的な志望動機を作成でき、他の応募者と差を付ける事もできるんですね。

企業研究を行う事で企業や業界の事を把握できるだけではなく、志望動機の作成にも役立ちますので求人にエントリーする際には企業研究を入念に行って有利に就職を決めて頂きたいと思います。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓